安心よりも安全

「〜をしているから大丈夫」

コストのかかる継続的な学習や対応を諦めて実態の伴わない「安心」へ逃げ込むことは、ビジネスにとってリスクです。

NeverCryは、目的に即した「安全」を提供することにこだわります。

独自性よりも画一性

独自構成は、中小企業の管理者にとって悪夢です。

体力のない会社ほど、自分の状況を把握して管理・改善することにコストをかけられません。運用する人間にチグハグさによる負担が押しつけられます。

NeverCryは、構築運用などのコストを下げられる画一性を追求します。

対処療法よりも戦略

中途半端な改善はお金の無駄です。

安全な車を作るためには、エアバッグがあればいいでしょうか。いいえ、考慮すべきことは山ほどあります。予算や用途、方針を考慮して、最適を考えることが必要です。

NeverCryは、ビジネスを成功させるための最適を経営レベルから提案します。

会社案内

ご挨拶

合同会社NeverCryは、徹底した「IT戦略の合理化」をかかげております。

エンジニアとして働いていた時、数多くの、非合理的な現状に甘んじる企業に遭遇しました。

  • 非合理な現状を、把握できない経営者
  • 非合理な現状を、維持するために酷使される担当者
  • 非合理な現状を、変えられない諦めの空気

近代において、あらゆる作業がサービスとして提供されています。

HTML・CSSを理解する必要があり100万円以上の構築費がかかっていたHPは、素人でも無料で簡単に作成できるようになりました。
わざわざネットショップを構築しなくとも、AmazonやeBayといった世界規模のプラットフォームで商売ができます。

非合理なやり方はビジネス上のリスクが大きく、
競合に差をつけられてしまいます。

知らないだけで、損をする。

とはいえ、全ての分野について専門家になることはできません。

そんな時代だからこそ、
要所要所でうまく専門家に頼る必要があると考えています。

「情報セキュリティ」
「業務改善」

は、いずれも経営戦略に根ざした分野であり、小手先のアプローチで失敗しがちです。

専門家として、
事業の目的を達成するために、
IT戦略を合理化する協力をさせていただきます。

合同会社 NeverCry
代表 奥山 歩

PAGE TOP
MENU